上海 土地譲渡金収入は年内で1500億元を突破へ


ba1

中国の不動産市場は相変わらず高騰だ。今月の半ばまで、上海ですでに10ヶ所の土地使用権を譲渡され、8月に上海政府が土地譲渡による売上収入は101.53億元(約1624億円)に達した。

中国指数研究院の統計データによると、8月まで、上海市が今年の土地譲渡金収入すでに1024億元(約1.6兆円)に達成。

さらに9月5日に、上海浦西最後の黄金土地と言われ、土地価値が最低でも175億元(約2800億円)と予想された「徐家匯センタープロジェクト」の土地譲渡を決めれば、年内、上海市の土地譲渡金収入は1500億元(約2.4兆円)を突破する見通しだ。

ちなみに、不動産市場が一番高騰と言われた2010年では、上海市の土地譲渡金収入は1523.7億元だったが、この記録を今年に破られるかもしれないという。

土地譲渡は、地方政府にとって一番美味しい商売に違いない。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:网易

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...