ビジネス世界で一世を風靡したモバイル端末「BlacyBerry」が「Lenovo Blackberry」になる日がそう遠くないかも


DDD8

今年1月30日に、BlacyBerry社が新OS「BlacyBerry 10」を搭載したスマートフォン2機種を発表した。経営不振に苦しんでいる同社にとっては起死回生を賭けた大勝負である。

だが、市場の反応はやはりBlacyBerryの将来に悲観論の声が高まっている。噂によるとCEOのハインズ氏をはじめ、Blackberry社は会社売却を含めて再生の道を模索しているという。
今年に入って、Lenovo(レノボ)の幹部は相次いでマスコミにBlackberryを買収する意欲を見せた。先日、Lenovo(レノボ)CEOの楊元慶氏がフランス新聞紙のインタビューを受けた際、Blackberry買収について、再び積極的な姿勢を暗示してくれた。

“Blackberryを買収するメリットがあるかもしれない。まず市場を分析し、Blackberryの具体的な優勢を理解する必要がある。”

楊元慶氏のコメントに市場も期待感を込めて応じてくれた。インタビューを終えた後、Blackberryの株価が14%も上昇した。

BlacyBerry社の買収は、ほとんどの会社にとってメリットがなさそうだが、IBMからThinkPadを買収し、そのブランドをうまく整合した上、さらにPC出荷数が世界一を獲得したLenovo(レノボ)にとってはよい選択かもしれない。Blackberry買収を通してスマートフォンの世界的なシェアへの獲得につながる狙いである。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:网易

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...