中国本土で携帯電話ウイルス感染率が世界一になった その原因は「脱獄」にある


20070919143622af1b7

8月2日、中国にあるモバイルセキュリティ会社が「2013年前半期、世界で携帯電話のセキュリティレポート」を発表。レポートによると、今年1月~6月まで、中国本土の携帯電話が悪意のあるAPPによるウイルス感染数量は世界一となった。

その会社の「クラウドセキュリティ」監視プラットフォームの統計によると、2013年前半期、ウイルスのあるAPPが51084本を検出され、同期比189%増。ウイルスに感染された携帯端末は2102万台、同期比63.8%。その中、6月にウイルスAPPの増長が目立ち、1ヶ月で9619本を検出されたという。

また、地域から見ると、世界範囲で中国本土は31.71%の携帯電話のウイルス感染率でダントツだった。ロシア(17.15%)、インド(10.38%)、アメリカ(6.53%)が中国に次ぎ、それぞれ2位から4位となった。

中国国内の地域から見ると、広東省、江蘇省、北京、四川省と福建省は感染地域のTOP5だった。

なぜ、中国で携帯電話ウイルス感染の被害が酷いかと言うと、最も重要な原因は、やはり携帯電話のユーザーによる「脱獄」行為にあった。海外では、携帯電話のユーザーによる「脱獄」行為が厳しく制限されるが、中国では日常茶飯事に行っている。

去年、中国本土ではiOSの脱獄率は42%、アンドロイドOSの携帯電話の脱獄率はさらに驚きの80%に達した。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:新浪

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...