北京 ハンバーガー1個を買うには、34分の労働時間が必要


23590

先日、ユービーエス・エイ・ジー(UBS AG)が発表した「価格と収入」のレポートの内容が、中国で大きな話題になった。

レポートの中のビッグマック指数によると、北京では一つのハンバーガーを買える報酬を得るには、34分間で働ければならない。ちなみに、東京では同じハンバーガーを買える報酬を得るには、労働時間がただ9分間で済み、世界最速である。ニューヨーク、香港は、東京に次ぎ、労働時間10分間で世界2位になった。

また、レポートの中のiPhone指数によると、北京ではiPhone4S(16GB)を買える報酬を得るには、184時間で働ければならない。ニューヨークでは27.5時間で済むという。つまり同じiPhone4Sを買うには、北京で必要な労働時間がニューヨークの6.7倍だ。

年間労働時間と休暇時間から見ると、北京では年間労働時間が1979時間(約247日)、上海では年間1967時間(約246日)。北京も上海も休暇時間がわずか9日だった。

ヨーロッパでは、労働時間が一番長いのはジュネーブ住民だ。彼らの労働時間は年間1893時間(約237日)だが、休暇時間が20日もある。

さらに、フランスのパリでは労働時間は年間1558時間(約195日)に対して、休暇時間が30日もある。世界の働く者から最も羨まれるだろう。

中国のインターネットユーザーから「高物価、低賃金に長時間労働、もう生きるにも疲れた」という書き込みが殺到。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:网易

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...