PM2.5により世界で最も汚染された国 ー中国ー


main_pm25_beijing

7月21日、中国貴州省貴陽市において開かれた環境問題国際フォーラムでは、専門家は「中国はPM2.5により世界で最も汚染された国になった」と発表した。

中国環境科学研究院の柴発合副院長はインタビューを受けた時に、「わが国はPM2.5により世界で最も汚染された国になった。歴史上では、空気が最も汚染されたと言われたロンドンのPM2.5指数は約10~20ミリグラム/立米だが、北京のPM2.5指数はピーク時にロンドンの9倍で90ミリグラム/立米に達し、広州などの都市でも50ミリグラム/立米に達した」とコメントした。

また、中国気象局気候変化特別顧問の丁一●(さんずいに匚)氏が、「中国では大気の平均可視性が、1961年度の4~10キロメートルから現在の2~4キロメートルに減少した。中国の大気汚染はさらに広がっている」と述べた。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:中国新闻网

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...