中国 6月輸出は3.1%減、輸入は0.7%減少に落ちた


13061

7月10日に、中国の税関当局が発表した貿易統計データによると、6月の輸出は前年度同期比3.1%減、輸入は前年度同期比0.7%減少したと分かった。

6月、中国の輸出入総額は3215.1億ドル(約32.151兆円)、同期比2%減少。そのうち、輸出は1743.2億ドル(約17.432兆円)で、同期比3.1%を減少。輸入は1471.9億ドル(約14.719兆円)で、同期比0.7%を減少。

貿易収支は271.3億ドル(2.713兆円)の黒字だが、輸出が減少するのは2012年1月以来、1年5ヶ月ぶりだった。

今年に入り、貿易輸出入が徐々に減少傾向を示しいた。第1四半期の輸出入総額は9752.5億ドル(約97.525兆円)、同期比13.5%増。第2四半期の輸出入総額は10,224.4億ドル(約102.244兆円)、同期比4.3%を増加した。

だが、中国当局が貿易取引を装って投機資金を国内に持ち込む「水増し輸出」を厳しく取り締まった後、5月の成長率がわずか0.3%、6月に成長率がさらにマイナス2%までに落ちた。

1月~6月の貿易総額を地域別に見てみると、EUとの貿易総額は2592.1億ドルで、3.1%を減少したが、米中貿易総額は2440.1億ドルで、5.6%増を実現した。

ASEANとの貿易総額は2105.6億ドルで、12.2%を増加した一方、日中貿易総額は1469.2億ドルで、9.3%減少した。日中両国の間に「政冷経冷」の局面が依然として改善できなかった。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:网易

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...