サムスンの強力なライバルは アップルだけではない


1372

サムスンの主力製品Galaxy S4が2,000万台を売れたものの、市場シェアの成長が停止した。

米国投資会社Needham&Coのアナリストのチャーリー·ウルフ(Charlie·Wolf)のレポートによると、サムスンがAndroidの市場シェアに貢献ができなくなる。知名度すらない廉価な中国国産のスマートフォンメーカーがサムスンから市場シェアを奪い続ける。

サムスンの市場シェアが40%にとどまるが、主にローエンドAndroid携帯端末を生産している中国スマートフォン企業の市場シェアが、10%から25%までに急成長してきた。

1372956907198

市場調査会社エンダースベン·エバンス(Enders)のアナリストのベン·エヴァンス(Ben Evans)が発表した報告によると、中国では、約1,000社スマートフォンメーカーがMediaTekのチップセットを搭載されるAndroid携帯端末を生産販売している。

彼らのセールス部隊が行商のように中国の農村まで販売しに行く。さらに彼らが販売している携帯端末が「山寨」と呼ばれ、正式なブランドでもないし、知名度もないものばかりだ。

低コストが競争力をもたらしてくれる。業界では、2014年に中国の廉価なAndroidスマートフォンがさらなる成長を果たすだろうと予想しているようだ。

付録:中国国産携帯端末メーカーリスト(一部)

1372986187992

 

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:IT商业新闻网

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...