中国 大人向けの母乳ビジネスが流行っている 倫理違反の非難が殺到


92V4S

7月2日、中国メディアの「南方都市報」の報道によると、中国広東省深セン市にある家事代行スタッフ派遣会社では、大人向けの「母乳提供サービス」が登場している。新鮮な母乳は贅沢な高級栄養品として、特に富裕層の中で密かに大流行しているという。

派遣会社が「希望すれば大人の顧客でも、派遣スタッフの母乳を直接飲むことができる。恥ずかしい人は吸引器具の装着して飲むこともできる」と宣伝している。母乳を提供する派遣スタッフの月収はおよそ1万6千元(約26万円)、健康で容姿よいスタッフはさらに高収入を得られるという。

「南方都市報」に報道された後、中国インターネット上では「富裕層のモラルの低下もはなはだしい」、「母乳を商業化させるなんて、人権無視だ」、「不道徳。倫理に反する」など非難の声が殺到した。

中国では大人向けの「母乳ビジネス」が昔からあった。

10年前、湖南省長沙市にあるレストランが「母乳宴」という料理を出していた。「栄養士」と呼ばれる授乳中の女性が提供している母乳で、「母乳アワビ」、「母乳れんこん」、「母乳魚なべ」など60種類の料理を販売していた。当時も世間から批判する意見が多かった。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)
参照元:网易

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...