世界初 一般消費者向け、Firefox OS を搭載する中国製スマートフォン ZTE Open を発売


ZTE-Open

今日、Firefox OS を搭載する中国製スマートフォン ZTE Open をスペインで発売を開始する。Firefox OS を搭載するスマートフォンとしては、開発者向けの仕様が販売されていたが、一般消費者向けに提供されるのはこれが初めてである。

ZTE Open の主な仕様は、3.5インチHVGA (480 x 320)タッチ液晶、背面3.2MPカメラ、Snapdragon S1 プロセッサ (Cortex-A5 シングルコア最大800Mhz + Adreno 200)、256MB RAM、512MB内蔵フラッシュストレージ。

さらに、NOKIAのHERE地図、Facebook、Twitter、Pulse、AirbnbとSoundcloudなどのアプリケーションをすでに内蔵された。ユーザーが、FirefoxのMarketplaceを通じてほかのアプリケーションを購入することもできる。

ZTE Open の価格は69ユーロ (約9000円)、そのうち30ユーロ(約4000円)分のプリペイド通話時間つき。さらに4GBのmicroSDカードもついてある。

市場調査会社IHS Screen DigestのアナリストのIan Fogg氏が「ZTE Open がこのぐらいの低価格だから、ほかのスマートフォンに圧勝するだろう。皆、ZTE Openを選ばなきゃ」とツイッターに書き込んだ。

編集:チャイマガ(ChaiMaga)   
参照元:网易

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...